結婚活動中の女性が、男性に聞いてはいけないタブーともいえる話題があることを知っておいてください。

出会ってすぐ男性に触れてはならない、しないほうがいい話題があります。

  • 出会ってすぐ男性に触れてはいけないタブーともいえる話題というものが存在します。つい質問しがちですが、給料・勤務先・乗っている車の3つです。何故してはいけないかというと、結婚相手としてふさわしい人か知りたい、という気持ちもわからなくもありませんが、初対面で質問しても、男性へのマイナスイメージにかなりません。それでも、結婚生活にはお金も欠かせません。ですので、相手の経済力にこだわりたいのなら、年収が何百万円以上と条件が設定されている、もしくは、職業限定の婚活でするパーティーかマッチングサイトなどを始めから活用してみましょう。このように参加者が最初から絞れていれば、上記の質問をする手間もいらないですし、大体の男性の経済力も判断できますよね。結婚活動での失敗を抑える意味でも、自分から経済的な質問をすることはできる限りしないようにしてください。

  • 婚活の市場では、年収300万クラスの男性の場合は、はっきりい・・

  • 近年の婚活事情では、男性の年収が300万円前後の場合だと、経済的に考えると、資格のある女性・正社員として働ける女性が有利です。それが、年収が500万円ぐらいの場合になると、パートをするくらいでも良いので、働く意思を持っていると完全には専業主婦にはならない気持ちを強調しておくべきです。そしてさらに、相手の年収が700万円を超えている場合なら、完全に専業主婦になる気持ちがあり、きちんと育児・家事にがんばるつもりだということを訴えるのが良いです。そのように対応することで相手は将来に安心感を感じ、パートナーとして選ばれやすいのです。そして、ムダなく女性側が婚活の主導権を取れ、選択肢の幅を拡げられるはずです。